平成28年7月新潟市早期景気観測調査結果

【概要】景況感は停滞気味ながら先行き改善に期待

  6月に比べると、業況DI、仕入単価DIはマイナス幅が縮小したものの、売上DI、採算DIはマイナス幅が拡大し、従業員DIもプラス幅が縮小した。卸売業では受注が低調、建設業では公共工事の減少が影響しているとの声が聞かれ、全般的に景況感は停滞気味となっている。
 先行きについては、6月に比べ、売上DIがマイナスからプラスに転じ、従業員DIもプラス幅が拡大した。採算DI・仕入単価DI、業況DIともマイナス幅を縮小し、先行き不透明ながら改善の期待感がでている。



【前年同月比】

H27年
7月
8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 H28年
7月
売上 ▲ 6.8 3.9 ▲ 6.5 ▲ 2.9 ▲ 14.0 ▲ 6.7 ▲ 8.7 ▲ 11.8 ▲ 2.9 2.0 ▲ 19.4 ▲ 18.8 ▲ 21.0
採算 ▲ 1.9 ▲ 1.0 ▲ 12.0 ▲ 3.9 ▲ 8.6 ▲ 9.6 ▲ 14.1 ▲ 16.1 ▲ 11.8 ▲ 7.1 ▲ 24.7 ▲ 18.8 ▲ 24.8
業況 ▲ 4.9 ▲ 1.9 ▲ 10.9 ▲ 13.5 ▲ 19.4 ▲ 14.4 ▲ 22.8 ▲ 15.1 ▲ 14.7 ▲ 8.1 ▲ 18.3 ▲ 22.8 ▲ 17.1
仕入単価 ▲ 28.2 ▲ 26.0 ▲ 23.9 ▲ 34.6 ▲ 19.4 ▲ 16.4 ▲ 12.0 ▲ 14.0 ▲ 19.6 ▲ 15.2 ▲ 18.3 ▲ 24.8 ▲ 15.2
従業員 23.3 19.2 18.5 23.1 15.1 21.2 19.6 19.4 16.7 17.2 10.8 18.8 9.5


1.調査概況報告

【全産業平均DI】 
 
 全産業の前年同月比では、6月に比べ業況DIは5.7ポイント、仕入単価DIは9.6ポイントマイナス幅が、
縮小したものの、売上DIが2.2ポイント、採算DIが6ポイントマイナス幅が拡大し、従業員DIは9.3ポイ
ントプラス幅が縮小した。
 先行きは、売上DIがマイナスからプラスに転じ、従業員DIは5.1ポイントプラス幅が拡大した。採算DIは
7.3ポイント、仕入単価DIは0.6ポイント、業況DIは12ポイントとそれぞれマイナス幅が縮小した。



【業種別DI】 

  建設業は前年同月比で6月に比べ、売上DIが2.4ポイント、採算DIが1.6ポイント、仕入単価DIが15.
3ポイント、業況DIが16.0ポイントとそれぞれマイナス幅が縮小した。従業員DIはプラスからマイナス5.
3ポイントとなった。先行きは、売上DI、採算DI、業況DIがマイナスからプラスに転じ、仕入単価DIは22.
0ポイントマイナス幅が縮小し、従業員DIは12.7ポイントプラス幅が拡大した。

 製造業は前年同月比で6月に比べ、仕入単価DIと業況DIがマイナスからプラスに転じ、採算DIは18.8ポ
イントとマイナス幅が縮小したものの、売上DIは5.7ポイントマイナス幅が拡大し、従業員DIはプラス幅が4.
5ポイント縮小した。先行きは業況DIが0.5ポイントプラス幅が上昇したものの、売上DIはプラス幅が14.
1ポイント縮小し、従業員DIはプラス9.5から0となり、採算DIは15.5ポイント、仕入単価DIは5.5
ポイントとそれぞれマイナス幅が拡大した。

 卸売業は前年同月比で6月に比べ、売上DIと採算DIは4.8ポイント、仕入単価DIが23.8ポイントとそ
れぞれマイナス幅が縮小したものの、従業員DIは4.7ポイント、業況DIは9.5ポイントとそれぞれマイナス
幅が拡大した。先行きは売上DIが28.5ポイント、採算DIが19.0ポイント、仕入単価DIが4.8ポイン
ト、業況DIが33.4ポイントとそれぞれマイナス幅が縮小した。従業員DIはマイナス14.3ポイントから0
となった。

 小売業は前年同月比で6月に比べ、売上DIが27.8ポイント、採算DIが16.7ポイント、仕入単価DIが
8.3ポイント、業況DIが15.3ポイントとそれぞれマイナス幅が拡大した。従業員DIも2.8ポイントプラ
ス幅が縮小した。先行きは売上DIと採算DIが共に13.9ポイントマイナス幅が縮小したものの、従業員DIは
2.8ポイントプラス幅が縮小し、仕入単価DIは20.8ポイント、業況DIは8.3ポイントとそれぞれマイナ
ス幅が拡大した。

 サービス業は前年同月比で6月に比べ、仕入単価DIが1.9ポイントマイナス幅が縮小したものの、採算DIは
プラスからマイナスに転じ、従業員DIは10.1ポイント、業況DIは4.1ポイントとそれぞれプラス幅が縮小
大した。売上DIは1.4ポイントマイナス幅が拡大した。先行きは、売上DIが0.1ポイントとプラスとなった。
採算DIはプラス3.5ポイントから0となり、従業員DIは0.4ポイントプラス幅が縮小し、業況DIはプラス
からマイナスに転じた。仕入単価DIはマイナス幅が5ポイント拡大した。




【項目別評価】

 <売上>
 売上DIの前年同月比は、建設業は2.4ポイント、卸売業が4.8ポイント、それぞれマイナス幅が縮小
した。製造業は5.7ポイント、小売業は27.8ポイント、サービス業は1.4ポイントとそれぞれマイナ
ス幅が拡大した。先行きについては、建設業がマイナスからプラスに転じ、卸売業は28.5ポイント、小売
業は13.9ポイントとそれぞれマイナス幅が縮小した。サービス業は0.1ポイントプラスとなり、製造業
は14.1ポイントプラス幅が縮小した。

<採算>
 採算DIの前年同月比は、建設業が1.6ポイント、製造業が18.8ポイント、卸売業が4.8ポイント
とそれぞれマイナス幅が縮小した。小売業は16.7ポイントマイナス幅が拡大し、サービス業はプラスから
マイナス22.2ポイントに転じた。
 先行きについては、建設業がマイナスからプラス10.5ポイント、卸売業は19.0ポイント、小売業は
13.9ポイントマイナス幅が縮小した。製造業はマイナス幅が15.5ポイント拡大し、サービス業はプラ
ス3.5ポイントから0となった。

<仕入単価>
 仕入単価DIの前年同月比は、製造業はマイナスからプラス5.0ポイントに転じた。建設業は15.3ポ
イント、卸売業は23.8ポイント、サービス業は1.9ポイントとそれぞれマイナス幅が縮小した。小売業
は8.3ポイントマイナス幅が拡大した。
 先行きについては、建設業で22.0ポイント、卸売業で4.8ポイントとそれぞれマイナス幅が縮小した。
製造業は5.5ポイント、小売業は20.8ポイント、サービス業は5.0ポイントとそれぞれマイナス幅が
拡大した。

<従業員>
 従業員DIの前年同月比は、建設業がプラス22.7ポイントからマイナスに転じた。製造業で4.5ポイ
ント、小売業で2.8ポイント、サービス業で10.1ポイントとそれぞれプラス幅が縮小した。卸売業は4.
7ポイントマイナス幅が拡大した。
 先行きについては、建設業で12.7ポイントとプラス幅が拡大したものの、製造業でプラス9.5から0
となり、卸売業はマイナス14.3ポイントから0となった。小売業は2.8ポイント、サービス業は0.4
ポイントとそれぞれプラス幅が縮小した。

<業況>
 業況DIの前年同月比は、製造業がマイナス23.8ポイントからプラス5.0ポイントとなり、建設業が
16.0ポイントマイナス幅が縮小したものの、サービス業は4.1ポイントプラス幅が縮小し、卸売業は9.
5ポイント、小売業は15.3ポイントとそれぞれマイナス幅が拡大した。
 先行きについては、小売業が8.3ポイントマイナス幅が拡大し、サービス業がプラス13.5ポイントか
らマイナス2.8ポイントに転じたものの、建設業ではマイナス27.3ポイントからプラス10.5に転じ、
製造業もプラス幅が0.5ポイントプラスとなり、卸売業は33.4ポイントとマイナス幅が縮小した。





業界から寄せられた声


<建設業>

(総合建設) : 民間工事は緩やかながら好調で、官公庁工事は減少している。

(設備工事) : 消費税増税の先送りで中だるみ感あり、後半からの動きに期待する。



<製造業>

(機械設備) : 再生可能エネルギー固定価格買取制度に関連する発電設備の更新工事が増加している。


(製紙業) : 値下げ圧力が続く。裁量減、価格減、又輸出は円高による価格ダウンが大きい。

<卸売業 >

(金属製品) : 設備投資による受注は有るものの、消耗品の受注が減少し、今後の動向も先行き不透明感がある。

(建材) : 公共事業に伴う土木資材について、東北震災絡みは別格として新潟県内は「先細りの感」あり。

<小売業>

(スーパー) : 消費者動向として、低価格志向へシフトしているようだ。競合店との価格差をなくすよう価格訴求するも、客足が伸び悩む。

(家具) : 季節要因も含めて、売上の伸長が全く無い。何とか、前年の売上を確保したい。


<サービス業>



(建築設計) : 建築設計業界は官庁物件が極端に減少し、苦戦を強いられている。

(タクシー) : 売上減少のため採算も悪化しているが、8月から9月初旬まで競馬開催のため採算も良くなる見込み。