平成28年12月新潟市早期景気観測調査結果

【概要】売上など全般的にやや改善を示すものの、先行きは慎重な見方

 11月に比べると、従業員DIはプラス幅が減少したものの、売上DIはマイナスからプラスに転じ、採算DI、業況DI、仕入単価DIともマイナス幅が減少している。特に売上DIの改善が目立っており全般的に改善傾向を示すものの、建設業は前月同様に公共工事の減少や人手不足、製造業では価格競争の激化、卸売業は販売不振との声も聞かれ、景況回復が実感できない状況となっている。     先行きについては、11月に比べ、従業員DIはプラス幅が増加したが、売上DI、採算DI、仕入単価DI、業況DIはマイナス幅が増加しており、先行きの不安感もあり慎重な見通しとなっている。



【前年同月比】

H27年
12月
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 H28年
12月
売上 ▲ 6.7 ▲ 8.7 ▲ 11.8 ▲ 2.9 2.0 ▲ 19.4 ▲ 18.8 ▲ 21.0 ▲ 20.0 ▲ 9.3 ▲ 14.1 ▲ 17.2 4.3
採算 ▲ 9.6 ▲ 14.1 ▲ 16.1 ▲ 11.8 ▲ 7.1 ▲ 24.7 ▲ 18.8 ▲ 24.8 ▲ 19.0 ▲ 17.5 ▲ 27.2 ▲ 14.0 ▲ 5.4
業況 ▲ 14.4 ▲ 22.8 ▲ 15.1 ▲ 14.7 ▲ 8.1 ▲ 18.3 ▲ 22.8 ▲ 17.1 ▲ 28.4 ▲ 19.6 ▲ 19.6 ▲ 14.0 ▲ 9.7
仕入単価 ▲ 16.4 ▲ 12.0 ▲ 14.0 ▲ 19.6 ▲ 15.2 ▲ 18.3 ▲ 24.8 ▲ 15.2 ▲ 16.8 ▲ 12.4 ▲ 13.0 ▲ 24.7 ▲ 21.5
従業員 21.2 19.6 19.4 16.7 17.2 10.8 18.8 9.5 16.8 12.4 14.1 19.4 14.0


1.調査概況報告

【全産業平均DI】 
 
 全産業の前年同月比では、11月に比べ従業員DIが、5.4ポイントプラス幅が減少したものの、売上DI は、
マイナスからプラス4.3ポイントに転じ、採算DIは8.6ポイント、業況DIは4.3ポイント、仕入単価DIは
3.2ポイントとそれぞれマイナスポイントが減少した。
先行きは、従業員DIが7.5ポイントプラス幅が増加したものの、売上DIは10.8ポイント、採算DIは2.1ポイント、
仕入単価DIは6.4ポイント、業況DIは4.3ポイントとそれぞれマイナス幅が増加した。


【業種別DI】 

 建設業は前年同月比で11月に比べ、仕入単価DIが10.0ポイントプラス幅が減少したものの、売上DI、採算DI
共に17.3ポイント、業況DIは17.5ポイントとそれぞれマイナス幅が増加した。従業員DIは10. 5ポイント
から0となった。先行きは、従業員DIが17.3ポイントプラス幅が増加したものの、売上DIは11. 1ポイント、
採算DIは5.6ポイント、仕入単価DIは16.7ポイントとそれぞれプラスからマイナスポイント に転じた。
業況DIは0からマイナス22.2ポイントとなった。

 製造業は前年同月比で11月に比べ、売上DIが0からプラス23.5ポイントとなったものの、採算DIは6.1ポイント、
従業員DIは3.9ポイント、業況DIは2.5ポイントとそれぞれプラス幅が減少した。仕入単価DI も5.6ポイント
マイナス幅が増加した。先行きは仕入単価DIが29.1ポイントマイナス幅が増加し、従業員DIが1.4ポイント
プラス幅が減少したものの、売上DIが2.5ポイント、採算DI、業況DIが共に1.4ポイントとそれぞれマイナス幅が減少した。

 卸売業は前年同月比で11月に比べ、従業員DIが0.2ポイントマイナス幅が増加したものの、売上DIと採算DIが
共にマイナスポイントからプラスポイントに転じた。仕入単価DIは13.4ポイント、業況DIは8.8ポイントとそれぞれ
マイナス幅が減少した。先行きは売上DIが0からマイナス14.3ポイントとなり、採算DIが5.2ポイント、仕入単価DIが
0.9ポイント、従業員DIが0.4ポイント、業況DIが19.5ポイントとそれぞれマイナス幅が増加した。

 小売業は前年同月比で11月に比べ、従業員DIが1.8ポイントプラス幅が減少したものの、売上DIがマイナス14.3ポイント
から、仕入単価DIがマイナス42.9ポイントからそれぞれ0となった。採算DIは16.1ポイント、業況DIは32.1ポイントと
それぞれマイナス幅が減少した。先行きは、売上DI、採算DI、従業員DIが共に0からプラス12.5ポイントとなった。
仕入単価DIはマイナスからプラス12.5ポイントに転じた。業況DIは0ポイントから変動はなかった。

 サービス業は前年同月比で11月に比べ、仕入単価DIで12.2ポイントマイナス幅が増加し、従業員DIで9.9ポイント
プラス幅が減少したものの、採算DIは35.5ポイント、業況DIは18.1ポイントとそれぞれマイナス幅が減少し、
売上DIはマイナス45.8ポイントから0となった。先行きは売上DIが4.6ポイントマイナス幅が増加したものの、
従業員DIは9.5ポイントプラス幅が増加し、採算DIが3.0ポイント、仕入単価DIが6.5ポイント、業況DIが
13.2ポイントとそれぞれマイナスポイントが減少した。



【項目別評価】

<売上>
 売上DIの前年同月比は、建設業が17.3ポイントマイナス幅が増加したものの、卸売業はマイナスから
プラス23.8ポイントに転じ、小売業とサービス業はマイナスから0となった。製造業は0からプラス23.5ポイント
となった。
 先行きについては、小売業が0からプラス12.5となり、製造業が2.5ポイントマイナス幅が減少
したものの、建設業はプラスからマイナス11.1ポイントに転じ、卸売業は0からマイナス14.3ポイントとなり、
サービス業は4.6ポイントマイナス幅が増加した。

<採算>
 採算DIの前年同月比は、建設業で17.3ポイントマイナス幅が増加し、製造業で6.1ポイントプラス幅が
減少したものの、卸売業はマイナスからプラス4.8ポイントに転じ、小売業は16.1ポイント、サービス業は
35.5ポイントとそれぞれマイナス幅が減少した。
 先行きは建設業がプラスからマイナス5.6ポイントに転じ、
卸売業で5.2ポイントマイナス幅が増加したものの、製造業は1.4ポイント、サービス業は3.0ポイントと
それぞれマイナス幅が減少し、小売業は0からプラス12.5ポイントとなった。

<仕入単価>
 仕入単価DIの前年同月比は、製造業で5.6ポイント、サービス業で12.2ポイントとそれぞれマイナス幅が
増加したものの、建設業で10.0ポイント、卸売業で13.4ポイントとそれぞれマイナス幅が減少し、小売業は
マイナス42.9ポイントから0となった。
 先行きについては、小売業でマイナスからプラス12.5ポイントに転じ、サービス業で6.5ポイントマイナス幅が
減少したものの、建設業はプラスからマイナス16.7ポイントに転じ、製造業は29.1ポイント、卸売業は
0.9ポイントとそれぞれマイナス幅が増加した。

<従業員>
 従業員DIの前年同月比は、製造業が3.9ポイント、小売業が1.8ポイント、サービス業が9.9ポイントと
それぞれプラス幅が減少した。卸売業は0.2ポイントマイナス幅が増加し、建設業はプラス10.5ポイント
から0となった。
 先行きについては、製造業で1.4ポイントプラス幅が減少し、卸売業で0.4ポイントマイナス幅が増加
したものの、建設業は17.3ポイント、サービス業は9.5ポイントとそれぞれプラス幅が増加し、小売業は
0からプラス12.5ポイントとなった。

<業況>
 業況DIの前年同月比は、建設業で17.5ポイントマイナス幅が増加し、製造業で2.5ポイントプラス幅が
減少したものの、卸売業が8.8ポイント、小売業が32.1ポイント、サービス業が18.1ポイントとそれぞれ
マイナス幅が減少した。
 先行きについては、製造業で1.4ポイント、サービス業で13.2ポイントとそれぞれマイナス幅が減少した。
卸売業は19.5ポイントマイナス幅が増加し、建設業は0からマイナス22.2ポイントとなった。
小売業は0で変動はなかった。



業界から寄せられた声


<建設業>

(総合建設) : 県内の公共工事の減少が厳しい状況。今後の景気対策に期待している。

(建築設計) : 技術者不足により工事が進まない。


<製造業>

(食料品) : 販売不振により価格競争が激化している。


(機械部品) : 業界の特徴として周期的に好不況の波があるが、円安要因だけでは説明できない業界における市況回復も見られる。

<卸売業 >

(日用品) : 降雪がなく季節品の販売不振が懸念される。

(機械部品) : 補助金等で取引先の設備投資が活発なおかげで売上は前年並みに持ち直したが、今後の推移は不透明感が否めない。

<小売業>

(貴金属) : 消費税アップの影響による値上りが一段落した。


<サービス業>


(ビル管理) : 今までは昨年より業況はプラスで推移してきた。今後、取引先の減少、外注費の増加予想、最低賃金のアップによる影響を        注視していきたい。

(飲食) : 歳末らしい喧騒感が感じられない。町として魅力を出していくために、店ひとつひとつで一段の工夫が必要である。

(タクシー) : 供給過剰であると位置づけされている市内であることから、各社の自主的な減車検討がされている。