平成27年4月新潟市早期景気観測調査結果

【概要】やや回復基調にあるものの実感薄く、先行きは期待感が広がるも慎重さは残る

  3月に比べると従業員DIを除く、売上・採算・業況・仕入単価の各DI値でマイナス幅を縮小した。しかしながら、消費税増税後の反動月であった前年同月との比較にもかかわらず、マイナスとなっており、依然として回復感に乏しい状況にある。
 先行きについては、3月に比べると採算DIでプラスに転じたほか、売上DI・仕入単価DI・業況DIでそれぞれマイナス幅を縮小し、やや明るさを取り戻した感もあるが、消費の低迷や設備投資意欲の弱さなどを指摘する声が目立ち、不安感を払拭するまでには至っていない。




【前年同月比】

H26年
4月
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 H27年
4月
売上 ▲ 20.4 ▲ 23.4 ▲ 11.4 ▲ 5.2 ▲ 12.6 ▲ 7.3 ▲ 17.4 ▲ 12.3 ▲ 21.6 ▲ 36.6 ▲ 11.6 ▲ 11.4 ▲ 3.8
採算 ▲ 24.8 ▲ 24.3 ▲ 17.5 ▲ 24.0 ▲ 15.3 ▲ 22.0 ▲ 22.5 ▲ 20.8 ▲ 32.4 ▲ 32.7 ▲ 17.9 ▲ 28.6 ▲ 8.6
業況 ▲ 14.2 ▲ 21.5 ▲ 20.2 ▲ 16.7 ▲ 18.9 ▲ 20.2 ▲ 23.5 ▲ 24.5 ▲ 36.3 ▲ 33.7 ▲ 13.7 ▲ 21.0 ▲ 12.4
仕入単価 ▲ 57.5 ▲ 49.5 ▲ 50.0 ▲ 51.0 ▲ 45.1 ▲ 39.5 ▲ 37.8 ▲ 34.9 ▲ 35.3 ▲ 27.7 ▲ 28.4 ▲ 41.0 ▲ 35.2
従業員 23.0 12.2 7.9 8.3 13.5 14.7 13.3 17.0 25.5 21.8 23.2 17.1 16.2


1.調査概況報告

【全産業平均DI】 
 
全産業の前年同月比では、売上DIで7.6ポイント、採算DIで20.0ポイント、業況DIで8.6ポイ
ント、仕入単価DIで5.8ポイントそれぞれマイナス幅が縮小した。なお、従業員DIではプラス幅が0.9
ポイント縮小した。
 先行きは、採算DIで19.0ポイント上昇しプラスに転じたほか、売上DIで3.8ポイント、仕入単価DI
で1.9ポイント、業況DIで7.6ポイントそれぞれマイナス幅を縮小し、従業員DIでプラス幅を1.0ポイ
ント拡大した。



【業種別DI】 
   建設業は前年同月比で3月に比べ、採算DIで30.9ポイント上昇しプラスに転じたものの、売上DIで27
.9ポイント、従業員DIで29.0ポイント、業況DIで5.5ポイントそれぞれプラス幅が縮小した。先行き
は、仕入単価DIで若干マイナス幅が縮小したものの、売上DIで11.8ポイント、従業員DIでは5.5ポイ
ントそれぞれプラス幅が縮小し、採算DIで18.8ポイント、業況DIで6.6ポイントマイナス幅が拡大した。
 製造業は前年同月比で3月に比べ、売上DIで17.2ポイント上昇しプラスに転じたほか、従業員DIではプ
ラス幅が拡大し、採算・仕入・業況の各DI値でマイナス幅が縮小するなど、全てのDI値が上昇となった。先
行きは、売上DIで僅かに下降となったものの、採算DIで17.0ポイント上昇しプラスに転じたほか、従業員
DIでプラス幅が拡大し、仕入単価DIと業況DIではマイナス幅が縮小した。
 卸売業は前年同月比で3月に比べ、売上DIで43.7ポイント上昇しプラスに転じ、採算DIで4.7ポイン
ト、業況DIで19.8ポイントそれぞれマイナス幅が縮小したが、仕入単価DIでマイナス幅が16.7ポイン
ト拡大し、従業員DIではプラス幅が若干縮小した。先行きは、売上DIで13.5ポイントマイナス幅が縮小す
るなど、全てのDI値で上昇した。
 小売業は前年同月比で3月に比べ売上DIでマイナス幅が25.8ポイント縮小するなど、全てのDI値が上昇
した。先行きは、採算DI・従業員DI・業況DIで上昇したが、売上DIで7.7ポイント下降しマイナスに
転じ、仕入単価DIでマイナス幅が2.2ポイント拡大した。
 サービス業は前年同月比で3月に比べ、採算DIで20.6ポイント、仕入単価DIで7.9ポイントそれぞれマイ
ナス幅が縮小し、従業員DIで8.2ポイントプラス幅が拡大したが、売上DIで10.0ポイント、業況DIで
3.6ポイントそれぞれマイナス幅が拡大した。先行きは、仕入単価DIでマイナス幅が8.6ポイント拡大したが、
採算DIで40.3ポイント上昇しプラスに転じたほか、売上DIと業況DIでマイナス幅が縮小した。





【項目別評価】

<売上>
 売上DIの前年同月比は、建設業でプラス幅を縮小しサービス業でマイナス幅が拡大したものの、
製造業で17.2ポイント、卸売業で43.7ポイントそれぞれ上昇しプラスに転じたことなどから
全産業合計ではマイナス幅が7.6ポイント縮小した。
 先行きについては、建設業でプラス幅を縮小し小売業でマイナスに転じたものの、卸売業で13.
5ポイント、サービス業で14.7ポイントそれぞれマイナス幅が縮小したことから、全産業合計で
はマイナス幅が3.8ポイント縮小した。

<採算>
 採算DIの前年同月比は、建設業で30.9ポイント上昇しプラスに転ずるなど全ての業種で上昇
したことから、全産業合計ではマイナス幅が20.6ポイント縮小した。
 先行きについては、建設業で18.8ポイント下降しマイナスに転じたものの、製造業・サービス
業でプラスに転じ卸売業・小売業でマイナス幅を縮小したことから、全産業合計では19.0ポイン
ト上昇しプラスに転じた。

<仕入単価>
 仕入単価DIの前年同月比は、建設業と卸売業でマイナス幅が拡大したものの、製造業でマイナス
幅が27.2ポイント縮小したほか小売業・サービス業でもマイナス幅を縮小したことから、全産業
合計ではマイナス幅が5.8ポイント縮小した。
 先行きについては、小売業・サービス業でマイナス幅をやや拡大したものの、卸売業でマイナス幅
が8.7ポイント縮小したほか建設業・製造業でも上昇となったことから、全産業合計ではマイナ
ス幅が1.9ポイント縮小した。

<従業員>
 従業員DIの前年同月比は、製造業・小売業・サービス業で上昇したが、建設業でプラス幅が29.
0ポイント縮小したことなどから、全産業合計ではプラス幅が0.9ポイント縮小した。
 先行きについては、建設業・サービス業でプラス幅を縮小したものの、製造業でプラス幅が12.
1ポイント拡大し卸売業・小売業でマイナス幅が縮小したことから、全産業合計ではプラス幅が1.
0ポイント拡大した。

<業況>
 業況DIの前年同月比は、建設業でプラス幅が縮小しサービス業でマイナス幅が拡大したものの、
製造業でマイナス幅が17.9ポイント縮小したほか卸売業と小売業でもマイナス幅が縮小したこと
から、全産業合計ではマイナス幅が8.6ポイント縮小した。
 先行きについては、建設業でマイナス幅が6.6ポイント拡大したものの、小売業で22.5ポイ
ント上昇しプラスに転じたほか製造業・卸売業・サービス業でマイナス幅が縮小したことから、全産
業合計ではマイナス幅が7.6ポイント縮小した。

業界から寄せられた声


<建設業>
(土木工事) : 県内企業の建設投資の増加を期待したいが、まだ弱いと感じる。


(左官工事) : 大型工事がありまずまずの業況です。


(電気工事) : 募集をかけてもあまり反応はなく、人手が足りない時は外注を頼んでいる。


<製造業>
(プラスチック製品) : 原料の若干の値戻しと、一部価格転嫁が出来たことで、採算は昨年とんとん。


(建築用金属製品) : 県内の建設需要に力強さは感じないが、首都圏に於いては
オリンピック関連施設と民間大型プロジェクトも数多く計画されており2020以降も期待している。

(電気機器) : 太陽光関係装置の受注が多い

<卸売業 >


(青果 ): 売上は増加が見込めるが、コストの上昇もあり採算性は向上してこない。


(製材・木製品) : ようやく荷動きも活発になってきたが本格的なフル操業にはまだ道は遠い。

(医薬品) : 売上げの低迷、円安による仕入れ価格の上昇と同業者間の競争激化による利益率の低下。


<小売業>
(石油・石油製品) : 前年同月比、販売数量は増えたが販売価格の大幅な低下により売上高としては減少。

(自動車): 新車の受注残が前年から半減(前年が良すぎた)、当月受注は前年並みに推移。

(家具・建具・じゅう器) : 景況は、前年同期が極端な低調で比較は不能、前々年比較で診ているが、回復困難である。
消費増税により消費動向が変化したことが主因と考えている。


<サービス業>


(運輸) : 前年消費税導入が一巡したが、物量は芳しくない。
値上げ効果が若干反映され、物量減をカバーし、売上は前年並みの推移を予想。


(ソフトウェア業) : 中小製造業の景気が回復傾向にあるのか生産管理システムの引き合いがある。
また、「ものづくり助成金」を使った同システム管理システムの引き合いがある。

(飲食) : 今年が良いのではなく、昨年が増税スタートの月だったので悪すぎた。
それとの比較なのでよく感じられるだけ。根本的によくなってるとは思えない。